PwCコンサルティングは激務でやばい?勝ち組か【元コンサルが解説】

「PwCコンサルティングはやばいほど激務なの?」

なんて不安を持っている人も多いかもしれませんが、結論、それは過去の話です。現在はむしろ勝ち組です。

「やばい」と噂される理由も含め、PwCコンサルティングについてまとめると下記↓

テーマ実際
激務度基本的に改善。ただし、激務になる時期もある
※詳しくはこちら(PwCが激務になるとき)
仕事のしやすさグループ内に監査法人が存在するため、業務に支障が出ることも。
でも、他社員と協力し合う文化がある点はGood
社員のキャリア開発希望プロジェクトへの配属は運とタイミング次第
年収20代で1,000万円も可能
社風穏やかな社員が多い
社員のケア一人一人にコーチがつく
面接しっかり対策しないと基本落ちる
PwCコンサルティングの評判

上記の各項目について、詳しくは記事内で解説していますが、最も注意すべきは面接対策です↓

注意すべきはケース面接対策

最難関は中途の通過率が20-30%のケース面接ですね

詳細はこちら(PwCコンサルティングの中途面接は突破しにくい)で解説しているので、私みたいに最終面接で落ちないようにしてくださいね

私について
  • 経歴:事業会社→コンサル転職にチャレンジし最終選考落ち→数年後、外資コンサルへ転職成功→現在は独立
  • 私自身の失敗談も含め、PwCコンサルティングの社員へのインタビューも交えながら解説しますね

ポイントから読む

PwCコンサルティングは激務でやばいの?

PwCコンサルティングが激務でやばいという噂は過去の話。

ただし、PwCコンサルティングが激務になりがちなタイミング(詳しくはこちら)は実際ある。

とはいえ、現在は働き方改革のための制度、環境、社風、ブランドメッセージなど整備され、従業員満足度も年々UPしているようですね。

PwCコンサルティングの気になる評判は?

詳しくはこちら(PwCコンサルティングの悪い評判)で解説していますが、大きくは下記の4つ。

  • システム構築案件へ注力する動きはあるが、まだまだ伸びしろが多い
  • グループ内に監査法人があるため、仕事に制約が生まれることもある
  • 希望通りのプロジェクトへ配属しにくい
  • 中途面接は突破しにくい

特に4つ目について、ケース面接(中途の通過率は20-30%)が最大の壁です。これはAmazonで買った本だけで対策してもほぼ間違いなく落ちるので、プロのエージェントなどと実践練習するのが大切だなと。

なお、PwCへの転職なら無料のが割とおすすめですね。PwCコンサルへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/

(上記のポイントに加えて)大事なこと


なお、PwCコンサルティングの中途採用の難易度が高く、中途が厳しい理由はこちらの記事で解説しています↓

気になるところから読む↓
お問い合わせはサポートフォームへ。厚生労働大臣の有料職業紹介の許可番号:13-ユ-316499

PwCコンサルティングが激務でやばいと言われる理由【むしろ勝ち組】

PwCコンサルティングが激務でやばいという噂は古い情報であり、現在は働き方の改善に注力しています。

むしろ勝ち組じゃんと言えるほど働きやすさが整備されているようです。


さて、具体的に下記のシーンでは激務になりがちです↓

PwCコンサルティングが激務になりがちなタイミング

PwCコンサルティングは下記のタイミングで激務になりがちです。

が、これは他のコンサル会社も(というかどんな会社でも)同様ですよね↓

対象タイミング
全社員プロジェクトの節目(報告会の直前など)
プロジェクト炎上時
マネージャー以上スタッフの業務をフォローする際
PwCコンサルティングが激務になるタイミング

働き方改革のシワ寄せがマネージャー以上に集中してしまうことは、どの会社でも頭を悩ませている点かなと。

ただし、PwCコンサルティングはこの問題に対し、下記の施策で対処しています↓

PwCコンサルティングが取り組む働き方改革(確かに働きやすそう)

下記の動画でPwCコンサルティングが取り組む働き方改革の一部が紹介されています。

「スマートフォンから空いている執務エリアを選択して出社できる」のは、普通に羨ましいですね

PwCコンサルティングの働き方改革


その他、下記の取り組みがされているようです(ここは割と普通な項目が多いので読み飛ばしてOKです)↓

  • リモートワーク
  • コアなしフレックスタイム
  • 時短勤務(一日あたりの勤務時間の短縮)・短日勤務(一週間あたりの勤務日数の短縮)
  • ペーパーレスの推進
  • 長時間労働を予防する諸施策
  • 夜間・休日のメールや電話を制限するコミュニケーションルール
  • 残業時間のモニタリング
  • 管理職向け労務管理研修
PwCコンサルティング公式サイト


では、離職率と勤続年数はどうか?次で解説します↓

PwCコンサルティングの離職率と勤続年数はやばいのか

PwCコンサルティングの離職率と勤続年数は公表されていませんが、
下記のデータを見る限り、社員が大量離職するような会社ではないことが分かります↓

気になるところから読む

※下記のデータはPwCコンサルティング公式サイトより抜粋

PwCコンサルティングの社員数と従業員満足度は向上

PwCコンサルティングは「社員数が大きく増加」「社員満足度も高い」みたいですね↓

PwC Japanの社員数

PwCコンサルティングの社員数

PwC Japanの従業員満足度

PwCコンサルティングの従業員満足度

女性比率も向上

PwCコンサルティングは2030年のなるべく早い時期までに、女性管理職比率を30%にすることを目標に取り組んでいるようです↓

PwC Japanの女性比率

PwCコンサルティングの女性比率


色々とデータを解説しましたが、
かなり働きやすくなっていることが分かりますよね。



なお、PwCコンサルティングへの転職にチャレンジする際の注意点はこちら(PwCコンサルティングの中途面接は突破しにくい)で解説しています。
※私の体験談も解説しているので、同じ失敗をしないようにしてくださいね…

とはいえ、PwCコンサルティングがやばいと噂される背景は下記にもありそう↓

やばい?PwCコンサルティングの悪い評判

他の外資コンサルと比較すると、PwCコンサルティングの気になる点は下記↓


1つずつサクッと解説します↓

PwCコンサルティングの気になる評判①:
システム構築案件へ注力する動きはあるが、まだまだ伸びしろが多い

システム案件にも注力しているPwCコンサルティングですが、
やはりその領域は、競合のアクセンチュアが頭1つ抜けているのが事実。

システム案件で活躍したいと考えている人は、自身が期待する環境が整っているかを人事やエージェントへ要チェックです。

PwCコンサルティングの気になる評判②:
グループ内に監査法人があるため、仕事に制約が生まれることもある

PwCコンサルティングはPwC Japanグループの1社であるため、
特定業務の遂行にあたり、グループ内企業から承認が必要なこともあるようです。

急ぎで対応が必要なプロジェクトとかでは、めちゃくちゃ制約になる…

という声も理解できますが、
見方を変えれば「多様なグループ会社がある(=有識者が社内にゴロゴロ居る)から、すぐに知見が得られる」というメリットにもなります。

一長一短ですよね。



なお、PwCコンサルティング以外の主要なグループ会社は下記↓

参考:PwC Japanグループ(一部のみ)
  • PwCあらた有限責任監査法人(監査)
  • PwC税理士法人(税務)
  • PwCアドバイザリー合同会社(財務)

PwCコンサルティングの気になる評判③:
希望通りのプロジェクトへ配属しにくい

PwCコンサルティングに限った話ではないですが、プロジェクト配属は「運+タイミング+コネクション」です。

前提として、PwCコンサルティングを始めとした外資コンサルは、下記の流れで案件に配属します↓

コンサル会社のプロジェクト配属の流れ
  • 案件が終了すると、アベイラブル状態になる(どの案件にも配属していない状態
  • 定期的(毎週など)に、人事から新規プロジェクトの案内が来る
    • ※コネクションがあれば、人事を介さずプロジェクトマネージャーから直接「こんな案件が始まるけど、入らない?」と連絡が入ることも
  • 自身が希望する案件があれば、配属する
    • ただし、いつまでも希望の案件を探してアベイラブル状態(未配属)でいると、適当な案件に配属させられる


つまり、
自分がちょうど案件終了したタイミングに、興味のあるプロジェクトが新規メンバーを募集すれば、希望の案件に配属できる」
ということなんですよね。


ちなみに

上記の流れが嫌という場合は、アクセンチュアが向いているかもしれません。

アクセンチュアは社員向けの「案件一覧サイト」が存在し、そこから自身が希望する案件を選んで、プロジェクトマネージャーへ応募を申し込み配属します。

サイトに登録されている案件数が常に膨大にあるので、他者に比べると希望の案件を見つけやすいです。


PwCコンサルティングの気になる評判④:
中途面接は突破しにくい

PwCコンサルティングは転職のハードルが高いという意見もよく聞く話ですね。
中でも最大の山場は下記↓

注意:最大の山場はケース面接

PwCコンサルティング の中途面接でほぼ確実に実施されるケース面接(中途の通過率は約20〜30%)の対策を必ずすべきです。

ケース面接とは「特定の課題が出題される→その場で5分ほど考える→回答と理由を説明する→建設的なディスカッションをする」というものです。

例えば、

  • (前職の)会社の売上を2倍にするには?
  • オリンピックのメダル獲得数で日本が世界一位になるには?

などの問題が出題されます。


はっきり言って、対策しないと天才じゃない限り確実に落ちます。

実際、私もAmazonでポチった本だけで対策し落ちました…


だからこそ、ケース面接はプロと模擬面接をしておいた方がいいです。

本だけで対策すると、コンサル面接の独特の雰囲気の中で「ロジカルに回答する&それに対して面接官とディスカッションする」という経験ができず一発勝負になるからですね。

模擬ケース面接をした候補者に比べて、明らかに選考突破力が低くなってしまいます

なおケース対策には、無料のが個人的におすすめですね。PwCコンサルティングへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/


PwCコンサルティング以外にも下記への紹介実績があるみたいですね。

MyVisionの紹介実績画像




さて、逆にPwCコンサルティングの良い評判は下記↓

PwCコンサルティングの良い評判

PwCコンサルティングの良い評判(特徴)は下記↓


1つずつサクッと解説します↓

PwCコンサルティングの良い評判①:
やっぱり高い、年収

PwCコンサルティングの役職別の年収は下記↓

役職年収(目安)
アソシエイト約550万円〜
シニアアソシエイト約700万円〜
マネージャー約950万円〜
シニアマネージャー約1,400万円〜
ディレクター成績次第
パートナー成績次第
PwCコンサルティングの年収の目安

「何歳でいくらくらいもらえるか?」「何歳でどの役職にいけるか?」
といった質問がたまにありますが、完全に実力主義なので、どの情報も参考になりません。

しいて言うなら、
20代で1,000万円も普通に可能であり、
30代なら2,000万円だって目指せるような環境ですね。

※ただし、PwCコンサルに中途で入社する場合は、まずはマネージャーよりも下の役職で転職するのが個人的にはおすすめです。

詳しくはこちら(PwCコンサルティングは中途が活躍するのは厳しいのか)で解説しています。

PwCコンサルティングの良い評判②:
穏やかな社員が多い

PwCコンサルティングは穏やかな社員が多いと言われており、下記の動画を見ても、

「質問や連携しやすい社風」という点がブランドメッセージとして訴求されています↓

PwCコンサルティングのカルチャー

PwCコンサルティングの良い評判③:
ワーキングペアレンツ支援制度が整っているため働きやすい

PwCコンサルティングは育児をしながらでも働きやすい環境をしっかり整備しているんですよね↓

  • 企業所内託児所を設置している(民間保育施設提携保育園との直接契約)
  • 社外の保育施設とも提携
  • 子育てに役立つサービスとの連携

その他、産休や育休からのスムーズな職場復帰にも当然取り組んでいるようです↓

「保活」に有用な情報やノウハウの提供、「保活」がうまくいかない場面での心理的サポートなどを保活コンシェルジュから受けられるサービスを導入し、産休、育休からのスムーズな職場復帰をサポートしています。

PwCコンサルティング公式サイト

PwCコンサルティングの良い評判④:
社員の育成に力を入れている(一人一人にコーチが付く)

PwCコンサルティングは社員の育成に注力しており、個人的に重要だと思った制度は下記の2つです↓

PwCコンサルティング の社員育成
  • 中途社員への1ヶ月間の社員研修(コンサル業務に必要なスキルをみっちり身につけてもらう)
    例:ロジカルシンキングや資料作成、マネジメントなどなど
  • 一人一人に専属のコーチ(先輩社員)が付き、定期的にキャリアに関する相談ができる


①があるので、未経験からの転職でも割と安心なのは大きいですよね。

そしてなんと言っても下記が最大のポイント↓

PwCコンサルティングの良い評判⑤:
経歴が強い味方になる

ハッキリ言って、PwCコンサルティングをよっぽど短期で辞めない限り、本当に強い経歴になるんですよね。

「この人は仕事できます!優秀です!」というハンコを超大手の外資コンサル会社から押されるようなものなので、
PwCコンサルティングから別の会社へ転職したい場合でも、かなりスムーズに内定を獲得しやすくなります。


ちなみに:失敗しないためにも、PwCコンサル出身者にリアルな話を聞いた方がいいです

PwCコンサルに転職できたけど、ネットで見ていた事前情報と全然違う…

なんてミスマッチが本当に多いのがコンサル業界なんですよね。


ミスマッチで入社してしまったものの、早期退職すると経歴に傷が付いてしまうので、
なんとか粘って2~3年は働こう…

なんて考えるのですが、ほぼ間違いなく1年以内に退職することになります。

というのも、ミスマッチで入社して活躍できるほど、コンサルはラクじゃないんですよね。

自分に向いてないコンサル会社やポジションだと、相当きつい毎日になります


だからこそ、事前にPwCコンサル出身者に、下記の内容を教えてもらった方がいいです↓

  • あなたの性格や経歴的に、PwCコンサルのどの部署やポジションが合っていそうか
  • PwCコンサル出身者だからこそ分かる、超リアルな内情
  • PwCコンサル出身者に、PwCのケース面接を突破するコツも教えてもらう(模擬面接もしてもらう)


なお上記を教えてもらうなら、無料のが個人的におすすめですね。PwCコンサルへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/

PwCコンサル以外にも、下記の出身者が在籍しているらしいですね↓

コンサル出身者が多いMyVision


PwCコンサルティングの会社概要

参考として、PwCコンサルティングの会社概要を紹介しておきます↓

名称PwCコンサルティング合同会社
英文名称:PwC Consulting LLC
代表者代表執行役CEO 大竹 伸明
所在地◯東京
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One タワー
◯名古屋
〒450-6038
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 38F
◯大阪
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4‐20 グランフロント大阪 タワー A 36F
◯福岡
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル4F
設立1983年1月31日に事務所設立
2016年2月29日に組織変更、PwCコンサルティング合同会社を設立
従業員数約11,500人(2023年時点)
HPPwCコンサルティング合同会社
PwCコンサルティングの会社概要

東京本社は下記↓


運営者情報

当サイトは、厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得した株式会社Citruth(本社:東京都中央区)が運営しています。

社名株式会社Citruth
事業内容有料人材紹介事業
本社所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1-12-4N&E BLD.7階
店舗〒103-0003
東京都中央区日本橋横山町7-19 第35イチオクビル3F 3-7号室
資本金5,000,000円
設立2024年1月
法人番号7010001241593(国税庁法人番号公表サイト
経済産業省(gBizINFO)
厚生労働省
有料職業紹介事業 許可番号
13-ユ-316499
人材サービス総合サイト
厚生労働省
特定募集情報等提供事業 届出受理番号
51-募-001189
人材サービス総合サイト
株式会社Citruthの会社概要

転職サポートをご希望の場合、下記からお問い合わせください

転職相談をする

※現在、新規のお申し込みを停止しております。お問い合わせには返信できかねますのでご注意ください。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
(例)「20XX年〜20XX年:XXX社においてXXXプロジェクトに従事。プロジェクトリーダーとしてXXX」
当社サービス利用規約への同意
気になるところから読む↓