アクセンチュアのカジュアル面談の注意点【元社員が解説】

アクセンチュアのカジュアル面談とは、人事担当者とラフに会話をした上で、お互いに好印象であれば1次面接に進むことになる面談です

スカウト型の求人サイトなどを通して、アクセンチュアの人事担当者から面談依頼があれば実施されます。

私はアクセンチュアからスカウト連絡をもらい、カジュアル面談を受けてから本選考に進んだ結果、落ちてしまったので、スカウト経由での面接は全くオススメできません

というのも、スカウトなんて昨今ではたくさん送信されているので、選考で優遇されるなんてことは絶対にありません。


またケース面接(通過率は20〜30%)の対策を一人きりですることになるので、他の応募者に比べて選考突破力が明らかに低くなってしまいます

私について
  • 元アクセンチュア社員
  • スカウト経由で応募して落ち、2年後にリベンジしてアクセンチュアに転職。年収は20代で800〜900万へUP

私は2年後にアクセンチュアにリベンジし合格しましたが、その際にはコンサル特化のエージェントと模擬ケース面接をしつつ、下記のポイントも全て教えてもらいました↓

  • アクセンチュアはどんなポイントで選考通過を判断しているのか&それをどんな質問で判断するか
  • どんな回答が好まれる傾向にあるか
  • 最終面接前に希望年収をメールで質問されるが、いくら位と回答すべきか?(人事の想定以上の年収を希望すると一発で落とされるので、本当に注意

なお個人的には、無料のというエージェントが割とおすすめですね。アクセンチュア出身者が多数在籍しており、元社員が模擬ケース面接や選考突破のコツを教えてくれます。

実際、アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/


その他、カジュアル面談についてよくある質問は下記↓

気になるところから読む↓
お問い合わせはサポートフォームへ。厚生労働大臣の有料職業紹介の許可番号:13-ユ-316499

アクセンチュアのカジュアル面談は落ちる?

アクセンチュアのカジュアル面談は「面談」であり「選考」ではないので、分かりやすく「落ちる」ということはありません(お祈りメールが来る等)

仮に面談後に人事から「ぜひ本選考に進んでください!」と言われなくても、こちらが希望すれば本選考に進むことは可能だと思います。

ただし、カジュアル面談の時点で人事から「ご縁がないな」と思われてしまった場合、その情報は1次面接の面接官にも伝えられるので、かなりマイナススタートになる点に注意です。

アクセンチュアのカジュアル面談の内容

アクセンチュアのカジュアル面談の内容は、人事担当者と個別でラフな会話をして、フラットに質問をし合います。その上で本選考に進む意思があるかを数日以内に回答するように求められます。

本選考に進む意思を伝えた場合、下記の選考フローで進みます↓

  • カジュアル面談
  • 1次面接(ケース面接)
  • 最終面接


その他、アクセンチュアのカジュアル面談についてよくある質問を紹介しておきます↓

※なお、アクセンチュアのカジュアル面談で落ちないためのポイントは後半のこちらで解説してます

アクセンチュアのカジュアル面談の問題点オススメできない理由)はこちら

アクセンチュアのカジュアル面談で質問されること

アクセンチュアのカジュアル面談で下記の質問をされました。

  • なぜ転職するのか
  • 現在の仕事内容や、年収額
  • 希望業界や、希望年収額
  • 英語は得意か(得意でなくても問題はない)
  • アクセンチュアのことは知っていたか
  • 何か質問あればどんどん聞いてください

アクセンチュアのカジュアル面談は電話で実施されることもある

アクセンチュアのカジュアル面談は電話で実施されることもあります。ただし、これは数年前に多かった形式であり、最近ではzoomなどのオンライン面談ツールで実施されることの方が多いです。

アクセンチュアはエンジニアもカジュアル面談がある

アクセンチュアはエンジニアもカジュアル面談が実施されることがあります。カジュアル面談の有無は、職種によって左右されません。

アクセンチュアのカジュアル面談の服装は自由

アクセンチュアのカジュアル面談の服装は自由です。ただし、スーツ以外にするのであれば、ビジネスカジュアルなどにしておくのがベターです。

アクセンチュアのカジュアル面談は書類選考が免除されることが多い

アクセンチュアのカジュアル面談は書類選考が免除されることが多いです。

というのも、カジュアル面談は基本的にスカウトされた人にだけ依頼が届くので、既に経歴をある程度把握した上で人事が面談依頼を送信しているからですね。

通過のコツは下記↓

アクセンチュアのカジュアル面談で落ちないためのポイント

おすすめはしていませんが、アクセンチュアのカジュアル面談を通過するポイントは下記です↓

アクセンチュアのカジュアル面談を通過するポイント
  • 実際は「カジュアルな人事面接」なので、油断しすぎない
  • 人事の質問に対して、とにかく結論ファーストで、短い言葉で回答することを意識する。長々と回答するのではなく、テンポの良いキャッチボールを意識する
  • 無理にアピールしない。経歴がミスマッチだと思えば、その旨をしっかり伝えてOK。人事の部署が求める経歴と、あなたの経歴が合わない場合は、他の部署の人事に繋いでくれる可能性もある
    ※ミスマッチで選考を進んでも、落ちるか、入社後に早期退職になるので注意

ポイントはあくまで上記ですが、本質的には「カジュアル面談で落ちないために」というよりも「その後の選考を突破し、最終的にアクセンチュアに合格すること」を目標に対策すべきですよね。

私は一度、スカウト経由でアクセンチュアに落ち、エージェント経由でリベンジ合格しました。その際、エージェント経由での応募の有利さ(事前に答えを全て教えてもらっているようなもの)を実感しました

だからこそ、スカウト経由での応募は不利になるので合理的じゃないんですよね。

なお、割とおすすめなのは無料のですね。アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/

アクセンチュア以外にも、下記への紹介実績があるみたいですね↓

MyVisionの紹介実績企業




この記事の冒頭でも記載しましたが、カジュアル面談から選考に進むと、エージェント経由での応募者よりも圧倒的に選考突破力が低くなってしまいます

アクセンチュアのスカウトからのカジュアル面談の問題点

スカウト経由で応募する問題点は下記です↓

  • スカウト経由だと、アクセンチュアはどんなポイントで選考通過を判断しているのか&それをどんな質問で判断するかを知らないので、エージェント経由の応募者よりも選考突破力が低い
  • どんな回答が好まれる傾向にあるかを知らない
  • 通過率が20〜30%と言われるケース面接の模擬面接もしていないので、エージェント経由の応募者よりも、ケース面接スキルが低い
  • 最終面接前に希望年収をメールで質問されるが、いくら位と回答すべきかを知らない(人事の想定以上の年収を希望すると一発で落とされるので、本当に注意。エージェント経由の応募であれば、うまく交渉してくれます)

とにかく、選考突破力が低いんですよね

アクセンチュアに転職できれば、20代で年収1,000万円もゴロゴロ居るので、確実に合格するようにしっかり対策しましょ↓

カジュアル面談の実態

カジュアル面談に行くと「書類選考と人事面接はスキップでOKなので、1次面接に進んでみませんか?」と案内されます。

しかし、ここで選考に進んでしまうと「公式サイトや転職サイト経由で応募して、人事面接を通過した人」になるだけです。

間違っても「スカウトされて1次面接を受ける人」「優遇すべき人」にはなりません。

「どの経路で応募してきたか」なんて情報は1次面接や最終面接の面接官に伝えられませんし、仮に伝えられてもそんなことは全く気にせず「ケース面接はうまいか」「質疑応答はうまく立ち回れているか」をチェックしています。

だからこそ、1次面接以降の選考突破力を上げるような応募経路を選択するのが合理的な判断なんですよね。

※経歴をチェックした上でスカウト連絡してきているので、エージェント経由で応募しても、どのみち書類選考突破の可能性はかなり高いです

カジュアル面談メールには返信すべき?

「スカウト経由での応募の問題点は分かったけど、スルーして問題ないのかな?」

と不安だと思うので、よくある疑問に回答しておきます↓

スカウト時点では個人名は分からない

転職サイトの特性上、スカウト時点では個人名は明らかになっていないので、返信しなくても全く影響はありません。

※返信したら氏名が伝わる仕組みです

仮に個人名が明らかになっているLinkedin等であっても、ああいったツールからのメールはこまめにチェックしない人がほとんどなので「気付かなかった」で全然問題ないです

経歴も照らし合わせていない

エージェント経由で応募した際に「スカウト連絡した人と、似た経歴の人だな?」と照らし合わせられる可能性もかなり低いです。

というのも、スカウトメールを送っただけの人(=本選考に進んでいない人)をそこまで管理するなんて絶対にあり得ません。

また、スカウトは大量に送信しているので、似ている経歴があっても気付くのはかなり難しいですね。

エージェント経由でも、書類選考通過はほぼ間違いない

エージェント経由で応募しても、書類選考通過はほぼ間違いないと思ってOKです。

というのも、書類選考に通過するような経歴だからこそ、スカウト連絡が来たんです。

だからこそ、短期的に喜んでスカウトに対応してしまうのではなく、長期的な視野で、ケース面接や最終面接の対策をしっかりできるエージェント経由で応募するのが、どう考えても合理的です。

無料のであれば、アクセンチュア出身者が多数在籍しており、元社員が模擬ケース面接や選考突破のコツを教えてくれるので割とおすすめですね。

実際、アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/

まとめ:アクセンチュアのカジュアル面談への対応

まとめ
  • カジュアル面談から1次面接に進んでしまうと、エージェント経由の応募者よりも明らかに選考突破力が低くなる
  • 最大の難関はケース面接であり、天才じゃない限り対策しないと落ちる(中途の通過率は20〜30%
  • 個人的には無料のが割とおすすめ。アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多い
  • なお、アクセンチュアへの転職エージェントの選びかたはこちらの記事で解説しています

参考:アクセンチュア公式サイト


運営者情報

当サイトは、厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得した株式会社Citruth(本社:東京都中央区)が運営しています。

社名株式会社Citruth
事業内容有料人材紹介事業
本社所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1-12-4N&E BLD.7階
店舗〒103-0003
東京都中央区日本橋横山町7-19 第35イチオクビル3F 3-7号室
資本金5,000,000円
設立2024年1月
法人番号7010001241593(国税庁法人番号公表サイト
経済産業省(gBizINFO)
厚生労働省
有料職業紹介事業 許可番号
13-ユ-316499
人材サービス総合サイト
厚生労働省
特定募集情報等提供事業 届出受理番号
51-募-001189
人材サービス総合サイト
株式会社Citruthの会社概要

転職サポートをご希望の場合、下記からお問い合わせください

転職相談をする

※現在、新規のお申し込みを停止しております。お問い合わせには返信できかねますのでご注意ください。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
(例)「20XX年〜20XX年:XXX社においてXXXプロジェクトに従事。プロジェクトリーダーとしてXXX」
当社サービス利用規約への同意
気になるところから読む↓