アクセンチュアソングの年収や給与は高い【元社員が解説】

アクセンチュアソングの平均年収は865万円とされています。これはアクセンチュアにある他の部署と同水準の給与体系です。

元アクセンチュア社員の立場から、この記事では具体的に下記の切り口で解説するので、気になるところから読んでくださいね

なお、アクセンチュアソングの最大の山場は通過率が20〜30%と言われるケース面接です。必ず模擬ケース面接をしておかないと他の応募者に比べて見劣りするので注意。

選考対策には、アクセンチュア出身者が多数在籍しており、元社員が模擬ケース面接や選考突破のコツを教えてくれる無料のが割とおすすめですね。アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多いです。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/



※さて目次は下記↓です。特に「高い年収で転職するコツ」は注意事項もあるので要チェック。最終面接で「口説き型」のアプローチをしてもらえると高い年収で転職できるので、頑張りどころです◎

気になるところから読む↓
お問い合わせはサポートフォームへ。厚生労働大臣の有料職業紹介の許可番号:13-ユ-316499
私について
  • 元アクセンチュア社員
  • 経歴:事業会社→アクセンチュアにチャレンジし最終選考落ち→2年後、リベンジで転職成功→現在は独立
  • 年収だけではなく、私自身の失敗談も含めアクセンチュアソングに転職するコツも解説しますね

アクセンチュアソングの年収

アクセンチュアソングの年収は865万円とされています。これはアクセンチュアにある他の部署と同水準の給与体系です。

なお役職別の年収は公表されていませんが、実際に働いていた当時を踏まえると、下記が目安になります↓

役職年収
アナリスト430〜600万円
コンサルタント600〜900万円
マネージャー1,000〜1,200万円
シニアマネージャー1,200〜1,800万円
プリンシパル2,000万円以上
マネージングディレクター3,000万円以上〜数億
アクセンチュアソングの役職別の年収

※「コンサルタント」という役職があり誤解されがちですが、どの役職も全てコンサルタント職です

※データ:openworkをベースに、当時働いていた際の周囲の口コミを反映

アクセンチュアソングの年齢ごとの年収

アクセンチュアソングの年齢別の年収は下記であり、20代でも1,000万円を超える人が多いです。

年齢年収
20代430〜1,000万円
30代1,000〜2,000万円
40代1,000〜3,000万円
50代3,000万以上〜数億
アクセンチュアソングの年齢別の年収

ただしアクセンチュアは実力主義なので、基本的に年収と年齢は関係ありません。

が、年齢が高い人はある程度の役職になっていることが多いので、結果的に年齢が上がれば高い年収の人が多いのが実態ですね。

ちなみに、アクセンチュアソングの給料事情は下記です↓

アクセンチュアソングの給与制度

アクセンチュアソングの給与制度の特徴は下記の3つです↓これはアクセンチュア自体も同じ制度です。

アクセンチュアソングの給与制度の特徴


簡単に解説します↓

賞与の比率は高くない

アクセンチュアソングは年収が高いですが、賞与の比率は低く、毎月のお給料がそもそも高いです。

そのため、マネージャーでも賞与は100万円前後であることが多いですね。

残業代は必ず支給される

あたりまですがアクセンチュアソングは残業代が100%支給されます。

とはいえ、月の残業時間は45時間以下になるように厳格に管理されており、それ以上になる場合は偉い人に承認を得る必要があります。

アクセンチュアソングの評価制度は定性評価

アクセンチュアは基本的に定性評価です。シニアマネージャー以上になると営業的な業務も生まれるので定量評価の要素もプラスされますが、

マネージャー以下は基本的に目の前のプロジェクトの成功に集中し、そこでの活躍が評価に繋がります

しっかりと自分の働きを上司にアピールすることが大事ですね


さて、高い年収で転職するコツは下記です↓

アクセンチュアソングに高い年収で転職するコツ

アクセンチュアソングに高い年収で転職するコツは下記の2つであり、どちらもかなり重要↓

アクセンチュアソングに高い年収で転職するコツ


サクッと解説します↓

コツ①:
選考で高い評価を得る(特にケース面接)

アクセンチュアソングの中途の1次面接では、ほぼ確実にケース面接が実施されます

ケース面接で高い評価を得ると「どうしてもこの人材を採用したい!」となって、最終面接が「口説き型」になります。

そうすれば転職は確実。さらに高い年収額を提示されます

口説き型の選考とは:面接というよりも、面接官がアクセンチュアの良いところをプレゼンするイメージ。どうしても採用したい人材にだけ、こうした対応になります。

実際、私がリベンジでアクセンチュアに応募した時の最終選考でも、この口説き型の面接でした。「ぜひ一緒に働きましょう」と選考中に言われたのが印象に残っています

ただし、ケース面接は難関

通過率は公表されていませんが、一般的に20〜30%と言われています。

ケース面接とは

ケース面接とは「特定の課題が出題される→その場で5分ほど考える→回答と理由を説明する→建設的なディスカッションをする」というものです。

例えば、

  • (前職の)会社の売上を2倍にするには?
  • オリンピックのメダル獲得数で日本が世界一位になるには?

などの問題が出題されます。


はっきり言って、対策しないと天才じゃない限り確実に落ちます

実際、私も初めてアクセンチュアにチャレンジした時は、Amazonでポチった本だけで対策し落ちました…(2年後にリベンジ合格)

ソングのケース面接のコツ


ケース面接は本だけで対策せず、必ずプロと模擬面接をしておいた方がいいです。

ケース面接は回答をプレゼンした後に、面接官から踏み込んだ質問をされ続けるのですが、
本だけで対策し「問題を解くことだけ」に焦点を当ててしまうと、ここでの立ち振る舞いで失敗するケースがかなり多いです

本だけで対策すると、コンサル面接の独特の雰囲気の中で「ロジカルに回答する&それに対して面接官とディスカッションする」という経験ができず一発勝負になるからですね。

模擬ケース面接をした候補者に比べて、明らかに選考突破力が低くなってしまいます。



だからこそ、ケース面接はプロと模擬面接をしておいた方がいいです

なお模擬ケース面接には、無料のが個人的におすすめですね。アクセンチュアへの転職サポート実績がダントツに多いエージェントであり、元アクセンチュア社員が模擬ケース面接をしてくれます。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/


アクセンチュア以外にも下記への紹介実績があるみたいですね。

MyVisionの紹介実績企業





なお、アクセンチュアへの転職で失敗しないための転職エージェント選びのコツはこちらの記事で解説してます。

またケース面接についてさらに詳しくは、アクセンチュアソングのケース面接と面接のコツで解説しています↓

コツ②:
ミスマッチに注意する

アクセンチュアソングは似たような職種名がとにかく多い一方で、実業務が全然異なるものが多いんですよね。

例えば下記の違い、分かりますかね?

この違い、分かりますか?
  • サービスデザイナーと、ビジネスデザイナー
  • ECコンサルタントと、デジタルコマースコンサルタント
  • エクスペリエンステクノロジーコンサルタントと、マーケティングシステムコンサルタント

※参考:アクセンチュア公式サイト

元社員の私でも、この違いは全然分かりません…

ミスマッチでの入社はまずい

アクセンチュアソングは似たような職種名があり、ミスマッチが起きやすい構造になっています。

一方、ミスマッチで入社すると、かなり厳しい状況になります↓

ミスマッチでの入社はかなりまずい
  • そもそも内定の確率がガクンと下がる
  • 経歴が適正に評価されず、低い年収での入社になる
  • 入社できても当たり前に活躍できないので「無能な人」というレッテルを早々に貼られてしまう
  • 努力で乗り切ろうにも「その職種にマッチしている&努力している人」が同僚であり、その人より評価されるのはかなり至難
  • 異動は最低1年はできないので、耐えられずに辞めることになる
  • 1年も経たず退職すると次の転職でもマイナス評価になり、身動きが取れなくなる

ミスマッチで入社して活躍できるほど、甘い会社ではないんですよね。。
だからこそ、第三者の意見も聞いておきましょう↓

アクセンチュアソングの職種選びは、必ず第三者に意見をもらう

アクセンチュアソングへの転職サポート実績が豊富なエージェントなどから意見をもらって、必ず客観的な意見をもとに、応募職種を判断してください。

何度も言いますが、元社員の私でさえ職種の違いが不明なので、初めて応募する人が適切に選択するのは簡単じゃないんですよね


応募職種について相談するなら、先ほども紹介した無料のが個人的にはおすすめです。

元アクセンチュア社員が多数在籍している&アクセンチュアソングへの転職サポート実績がダントツに多いので、あなたの経歴をもとに、どの職種での応募が最も適しているか、客観的な意見をくれます。

人生を左右する選択だからこそ、面倒ですが意見をもらってくださいね。

【公式サイト】https://my-vision.co.jp/



なお、アクセンチュアソングの評判や激務さについてはこちらの記事で解説しています。

アクセンチュアソングの概要

アクセンチュアソングに応募する際の参考として、アクセンチュアの会社概要を紹介しておきます↓

社名アクセンチュア株式会社
代表者代表取締役社長 江川 昌史
従業員数約23,000人(2023年12月時点)
本社〒107-8672
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
資本金3億5千万円
設立1995年12月(創業は1962年)
HPアクセンチュア公式サイト
アクセンチュアの会社概要

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュアソングを含め、アクセンチュアには下記の5つの部署が存在します↓

「ストラテジー & コンサルティング」「テクノロジー」「オペレーションズ」「インダストリーX」「ソング」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

アクセンチュア公式サイト

5つの部署の違いは下記です↓

  • ストラテジー&コンサルティング:クライアントの企業戦略の立案、および実行
  • インダストリーX:製造業のビジネス変革
  • ソング:マーケティングやサービスデザイン
  • オペレーションズ:BPO部門。クライアントの業務を代行
  • テクノロジー:戦略をもとに必要となる技術的な開発

アクセンチュアの売上

アクセンチュアの売上高はグローバルで641億USドル(2023年9月時点)、日本法人だと約6500億円です。

※出所:アクセンチュア公式サイト日経ビジネス

アクセンチュアソングの福利厚生

アクセンチュアには下記の福利厚生があります。アクセンチュアソングに入社した場合ももちろん使える制度です。

アクセンチュアの福利厚生
  • 確定拠出年金制度
  • 従業員株式購入プラン
  • 長期収入所得補償(病気やケガで働けなくなった際に最大5年間、年収の約60%を補償)
  • 法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
  • その他ポイントサービスや健康サポート

アクセンチュアソングの働き方

アクセンチュアには下記の制度があり、アクセンチュアソングに入社した場合も使える制度が豊富にあります。

小さいお子さんが居る家庭でも働きやすい制度が整っていました↓

  • 母体保護休暇:妊娠中の体調悪化時に80時間までの休息、定期受診等で月1回まで通院のための特別有給休暇を取得できる
  • 配偶者・ライフパートナー出産休暇:出産日の前後1か月以内に1労働日、特別有給休暇を取得できる
  • 子の看護休暇:小学校就学前の子の怪我、疾病、あるいは予防のため、子の人数に応じて年間40時間または80時間の休暇を取得できる
  • 育児休憩時間:子が1歳になるまで、女性社員は休憩時間のほかに1日2回各30分まで(または1日1回1時間)、子を育てるための時間を有給扱いで取得できる
  • ベビーシッター補助:ベビーシッターの利用にあたり、初期費用100%、利用費50% (上限2万円/月)を会社が負担
  • 介護休業:要介護状態にある家族の介護時、最長1年間は休職期間の延長が可能
  • 出産休暇:産前6週間、産後8週間の出産休暇を取得できる
  • 育児休業:2歳まで育児休業を取得できる
  • ベビーシッター法人契約:当日ベビーシッター予約可能且つ病児保育対応のためお子様の急病や急な仕事が入った場合でもお子様を預けられる
  • 育児コンシェルジェサービス:育児全般に関する問い合わせに経験豊富な育児コンシェルジェが対応してくれる
アクセンチュアの福利厚生


なお、未経験でアクセンチュアに転職した人のインタビュー動画は参考になるので紹介しておきますね↓

未経験でアクセンチュアに転職した人のリアル

アクセンチュアソングの求人情報

アクセンチュアソングで募集されている求人情報の一部を紹介します。

  • マーケティングコンサルタント
  • 成長戦略コンサルタント
  • サービスデザイナー

※参考:アクセンチュアソング採用情報

マーケティングコンサルタントの求人情報

マーケティングコンサルタントの募集要項は以下の通りです。

職種マーケティングコンサルタント
勤務地応相談
年収応相談
雇用形態正社員 ※試用期間6ヶ月
勤務時間フレックス制度、短日短時間勤務制度など有
応募要件下記いずれか該当する経験をお持ちの方。
・広告代理店における事業企画・マーケティング戦略構築・実行経験
・コンサルティングファームにおける戦略コンサルティング・事業企画の経験
・事業会社における事業企画・マーケティング戦略・業務改革経験
・営業・販売・カスタマーサービス業務理解
・通信・ハイテク・メディア・エンターテイメント・自動車・消費財・小売・金融のいずれかの業界経験
業務内容・顧客体験を基軸としたデータ主導型のクローズドループ・マーケティングモデル(データ活用戦略立案/実行プラン策定/次世代マーケティング モデル プラットフォーム戦略立案)
・マーケティング トランスフォーメーション(旧来型組織モデルの抜本的な組織変革アジェンダを含む)
・ビジネス戦略にアラインした、マーケティング戦略、コミュニケーション戦略の立案
・ビジネス課題から施策レベルまでの統合されたKPI設計
・PDCA設計(プラットフォーム、分析ロジック、組織)
求人情報:アクセンチュアソングのマーケティングコンサルタント

成長戦略コンサルタントの求人情報

成長戦略コンサルタントの募集要項は以下の通りです。

職種成長戦略コンサルタント
勤務地応相談
年収応相談
雇用形態正社員 ※試用期間6ヶ月
勤務時間フレックス制度、短日短時間勤務制度など有
応募要件下記いずれか該当する経験をお持ちの方。
・3年以上のコンサルティング業務経験
・事業戦略立案、事業企画・商品/サービス開発・立上げの業務経験
業務内容・成長戦略立案、成長実現に向けた変革テーマの推進
・新規事業戦略立案、事業立上げ~実現・推進
・新規商品・サービス企画立案、推進
求人情報:アクセンチュアソングの成長戦略コンサルタント

サービスデザイナーの求人情報

サービスデザイナーの募集要項は以下の通りです。

職種サービスデザイナー
勤務地応相談
年収応相談
雇用形態正社員 ※試用期間6ヶ月
勤務時間フレックス制度、短日短時間勤務制度など有
応募要件あると望ましいスキル・経験
・ビジネスレベルの英語でのコミュニケーションスキル
・お客様企業の新規事業開発および実現の経験
・UIデザイン、コンテンツデザインのスキル
・メディアやコミュニティに向けたデザイン領域の登壇・執筆活動
・デザインコミュニティへの積極的な参加やネットワーキング
業務内容顧客インサイトを全ての起点として、解くべき問いの発見を通じ、解決策としてのサービスの構想および具現化
求人情報:アクセンチュアソングのサービスデザイナー

アクセンチュアソングへ入社後に年収を上げるコツ

アクセンチュアソングへ入社後に、年収をUPするコツは下記の2つです↓


サクッと解説します↓

コツ①:
英語力を身に付ける

アクセンチュアはマネージャーになると大幅に給料がUPする(年収1,000万円を超える)ので、入社後に年収をガツンとUPさせるにはやはりマネージャー昇進がポイント。

アクセンチュアでマネージャーになる最低条件
  • マネージャー以下の職種で2~3年働き、上司からマネージャーとしての実力を認められる
  • TOEICで650点以上をとる

マネージャーへの昇進条件にTOEICがあるからこそ、英語力を身に付けることが年収UPの重要なポイントになります。

なお、英語力を全く使わないプロジェクトの方が圧倒的に多いので、マネージャー以下で入社する人は、すぐに英語力を身に付ける必要はないですよ

コツ②:
高い評価を得る

アクセンチュアソングに限らず、アクセンチュアは定性評価が多いので、上司から高い評価を得ることが重要になります。

上司から高い評価を得れば、マネージャーにならずとも年収が100万円UPしたり、ボーナスが100万円近く出ることもあります。

まとめ:アクセンチュアソングの年収

まとめ
  • アクセンチュアソングの年収は865万円
  • アクセンチュアソングへ高い年収で転職するには、通過率が20~30%と言われる「ケース面接」の攻略がポイント
  • 無料のはアクセンチュアソングへの転職サポート実績がダントツに多い。元アクセンチュア社員が、模擬ケース面接を複数回してくれる


運営者情報

当サイトは、厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得した株式会社Citruth(本社:東京都中央区)が運営しています。

社名株式会社Citruth
事業内容有料人材紹介事業
本社所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1-12-4N&E BLD.7階
店舗〒103-0003
東京都中央区日本橋横山町7-19 第35イチオクビル3F 3-7号室
資本金5,000,000円
設立2024年1月
法人番号7010001241593(国税庁法人番号公表サイト
経済産業省(gBizINFO)
厚生労働省
有料職業紹介事業 許可番号
13-ユ-316499
人材サービス総合サイト
厚生労働省
特定募集情報等提供事業 届出受理番号
51-募-001189
人材サービス総合サイト
株式会社Citruthの会社概要

転職サポートをご希望の場合、下記からお問い合わせください

転職相談をする

※現在、新規のお申し込みを停止しております。お問い合わせには返信できかねますのでご注意ください。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
(例)「20XX年〜20XX年:XXX社においてXXXプロジェクトに従事。プロジェクトリーダーとしてXXX」
当社サービス利用規約への同意
気になるところから読む↓