アクセンチュアの第二新卒の難易度は高い【元社員が解説】

アクセンチュアの第二新卒の難易度は高いが、積極採用を実施しているため、以前よりも入社しやすくなっています。


この記事では、下記の3つを解説します。

  • アクセンチュアの第二新卒採用の入社難易度
  • 選考対策のコツ【元社員の立場で解説】
  • 内定をGetしやすい応募方法
私について
  • 元アクセンチュア社員
  • 元社員だからこそ分かるアクセンチュアの裏話や、ガチでおすすめする入社のコツを解説
気になるところから読む↓
お問い合わせはサポートフォームへ。厚生労働大臣の有料職業紹介の許可番号:13-ユ-316499

アクセンチュアの第二新卒の難易度は高い

アクセンチュアに第二新卒で入社する難易度は高いです。これは「第二新卒だから」というわけではなく、新卒だろうと中途入社だろうと難易度は高いです。

アクセンチュアの第二新卒の難易度は高い

下記の就職注目企業ランキングでもアクセンチュアは1,2位に位置しており、人気があれば倍率も難易度も当然UPしますよね。

アクセンチュアの第二新卒採用の難易度は?

出典:ITmediaニュース

とはいえ、アクセンチュアは第二新卒や中途の採用をかなり積極的に行っているので、以前よりも入社のチャンスが広がっています。

次で解説しますね。

アクセンチュアの第二新卒の倍率は高い

アクセンチュアの第二新卒の倍率は10倍以上と言われています。年間を通して採用を実施していますが、人気企業であるため倍率は基本的に高いです。




アクセンチュアは新卒や第二新卒、中途を問わず積極採用をしていますが、この背景には、

  • 働き方改革を積極的に実施していること
  • コンサルティング業界の中でもアクセンチュアへの依頼数がかなり多くなっていること
  • アクセンチュアが他社に先駆けてコンサルティング領域を拡大しているので、多様な人材を必要としている

こうした点が理由として挙げられます。

アクセンチュアは第二新卒も積極採用中


アクセンチュアの第二新卒で学歴は不要

アクセンチュアの第二新卒では学歴は関係ありません。優秀な地頭があれば誰にでも入社のチャンスがある会社ですね。

実際、元社員の私からみても同僚の学歴は非常に様々でした。もちろん高学歴な人が圧倒的に多く存在しますが、アクセンチュアが求める人物像に合致すれば学歴なんて関係なく採用するのがアクセンチュアです。




じゃあどんな人物をアクセンチュアでは求めているのか?次で解説しますね。

アクセンチュアが第二新卒で求める人物像

アクセンチュアが求める人材像として、公式サイトでは↓のように記載されています。

  • 背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
  • チャレンジに、手加減をしない
  • 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
  • 常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
  • タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
  • あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
  • 信念に基づき、主張し、実際にやりとげるチームワークの可能性を信じる
  • 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
  • 常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある
アクセンチュア公式サイト

ちょっと長いですね笑

ざっくり言い換えると「成長意欲が高く、企業や社会の課題を解決することに積極的な人」という感じですね。

ではそんなアクセンチュアの第二新卒採用ではどんな職種が募集されているのか?社員研修は新卒と同じなのか?といった点について次から解説していきますね↓

アクセンチュアの第二新卒採用の募集要項

ここでは下記を解説します↓

第二新卒への応募条件

アクセンチュアの第二新卒選考に応募するには、社会人経験が半年以上、4年未満であることが条件になっています。

第二新卒採用の対象は、社会人経験が半年以上4年未満の方です。4年以上の社会人経験をお持ちの方は経験者採用ページよりご応募ください。

アクセンチュア採用情報

なお、通年採用(特定の時期だけ応募できるといった制約がない)ので、社会人経験が4年未満であれば時期を問わずいつでも応募できます。

アクセンチュアの第二新卒への応募条件


ところでアクセンチュアの第二新卒採用ではどんな職種が募集されているのか?気になりますよね。次で解説します。

アクセンチュアの第二新卒の募集職種

アクセンチュアの第二新卒採用では大きく2つの職種が募集されており、ビジネスコンサルタントとエンジニアの2つが存在します。

募集職種ビジネスコンサルタント、ソリューションエンジニア
応募資格半年以上4年未満の社会人経験
アクセンチュアの第二新卒の募集職種

それぞれ解説しますね↓

ビジネスコンサルタント

ビジネスコンサルタントの募集要項として、下記がありました。

募集職種ビジネスコンサルタント
職種説明お客様である企業や公的機関の複雑化するビジネス課題に対し、変革のリーダーとして改革の道筋を描き、先端テクノロジーを活用してプロジェクトを推進・実行します。
こんな人にオススメ
※どれか一つでも当てはまればオススメ
・テクノロジーの無限の可能性に共感し、最新のテクノロジーを駆使してビジネス変革を起こしたい方
・お客様の真のビジネスパートナーとして、深い業務・業界理解のもと最適なソリューションを基に改革を推進したい方
・変化の激しい世の中において、常に新しいことを吸収し成果を出し続けることで、お客様に貢献していきたい方
・デジタルとテクノロジーをこよなく愛し、そのパワーで世界を大きく変えていきたいと強く願っている方
・世界中で進化し続ける様々なテクノロジーの情報を自ら楽しみながら収集し、自分のものにし続けられる方
・新しい技術、モノづくりデジタル、データ活用など、いわゆるデジタルにかかわりたいという志向がある方
応募資格・半年以上4年未満の社会人経験をお持ちの方
・アクセンチュア指定の採用選考にご参加いただける方
勤務地・東京オフィス所属者:首都圏を中心とした全国
・関西オフィス所属者:関西を中心とした全国
 ※所属オフィスを問わず、海外を含む出張の可能性あり
アクセンチュアのビジネスコンサルタントの募集要項
アクセンチュア採用サイト

ソリューション・エンジニア

募集職種ソリューション・エンジニア
職種説明高いIT開発専門性に基づいてIT戦略/ビジネスグランドデザインをシステム仕様へ落とし込み、多種多様な技術要素を組み合わせてスピーディに高品質なシステムを構築します。
こんな人にオススメ
※どれか一つでも当てはまればオススメ
・多種多様なIT技術要素を活用したシステム構築に専門性を置きたい方 (システムが好き)
・先進的な技術要素に好奇心を持ち、学び続ける成長意欲がある方 (学ぶことが好き)
・IT技術を武器に、世の中や社会にイノベーションを起こしたい方 (何かを変えたい)
・多様なメンバーとコラボレーションし、チームワークでパフォーマンスを発揮したい方(仲間で達成するのが好き)
・戦略やアプローチ論のみならず、自ら推進・実行したい方 (実行するのが好き)
応募資格・半年以上4年未満の社会人経験をお持ちの方
・アクセンチュア指定の採用選考にご参加いただける方
勤務地・東京オフィス所属者:首都圏を中心とした全国
・関西オフィス所属者:関西を中心とした全国
・アクセンチュア・イノベーションセンター北海道所属者:札幌
・アクセンチュア・イノベーションセンター福島所属者:会津若松
 ※所属オフィスを問わず、海外を含む出張の可能性あり
アクセンチュアのビジネスコンサルタントの募集要項
アクセンチュア採用サイト


エンジニア的な仕事がしたいか、いわゆるコンサル的な仕事がしたいかで分類されているイメージですね。

どちらを選択しても入社後の研修がしっかりしています。その研修内容について次で解説しますね

アクセンチュアの研修(第二新卒の場合)

「新卒入社した場合よりも、研修期間が短いのかな・・・?」なんて不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

安心してください。↓で公式サイトに記載の通り、新卒社員と同様の研修を受けることができます!

第二新卒採用で入社された方には、新卒採用入社と同様の研修を受けていただくことが可能です。議事録や提案資料の作り方、ロジカルシンキングやテクノロジーに関する知識まで、アクセンチュアで活躍する上で欠かせないスキルを身に着けます。

アクセンチュア採用情報


第二新卒の方々は社会人経験もあるので共感頂けると思うのですが、↑のスキルはお金を払ってでも勉強したいスキルですよね笑

ちなみに、研修のイメージとしては下記↓の動画が参考になりますよ!

アクセンチュアの新入社員トレーニング



さて、アクセンチュアは積極採用中でチャンスですし、第二新卒採用でも新卒採用と変わらないレベルの研修を受けられると分かりました。

ではどんな選考が行われるのか?選考突破のコツも含め、次から解説します。

アクセンチュアの第二新卒の選考内容

アクセンチュアの第二新卒の選考内容は書類選考と適性検査、複数回の個人面接となっています。通過率が低いのは個人面接で実施される「ケース面接」なので、詳しく解説します。

第二新卒採用への応募資格

アクセンチュアの第二新卒採用への応募資格として、公式ページでは下記↓のように記載されています。

  • 半年以上4年未満の社会人経験をお持ちの方
  • アクセンチュア指定の採用選考にご参加いただける方
アクセンチュアの採用情報


「アクセンチュア指定の採用選考にご参加いただける方」という点が気になりますよね。どんな選考が行われるのか次から解説しますね。

アクセンチュアの第二新卒の選考フロー

アクセンチュアの第二新卒採用の選考フローは、書類選考と適性検査(webテスト)の後に複数回の面接という流れです。

  • 書類選考+適性検査(Webテスト)
  • 1次面接(ケース面接の可能性が高い)
  • 最終面接

本エントリー(書類選考+適性テスト)→個人面談(複数回/ケース面接あり)→オファー(内定通知)

アクセンチュアの採用情報

アクセンチュアの第二新卒のwebテスト

アクセンチュアの第二新卒のwebテストは「玉手箱」が多いです。

とはいえ、それ以上に重要なのは書類選考対策と面接対策ですね。次から詳しく解説します。

第二新卒の書類選考のコツ

書類選考突破のコツとしては、「必ずプロにチェックしてもらう」という点が非常に重要です。

というのは、書類選考は企業ごとに突破のコツが存在するので、だったらその企業(アクセンチュア)への転職をサポートしているプロにアドバイスしてもらって書類を作成する方がどう考えても手っ取り早い、ということですね。

なお、コンサル業界への転職にはエージェントのサポートが必須ですが、アクセンチュアの対策にはが効果的です(もちろん完全無料で利用できるエージェント)。

アクセンチュアへの転職支援実績がかなり豊富であり、書類選考対策にももちろん対応しています。

アクセンチュア以外にも下記への紹介実績があるみたいですね。

MyVisionの紹介実績企業




なお、アクセンチュアは書類よりも面接対策が重要です。次から解説しますね。

第二新卒の面接対策(質疑応答)のコツ

アクセンチュアの面接対策のコツとしては、「要点を端的に答える」というのが王道中の王道です。これができていないとかなり厳しいです。

第二新卒の面接対策(ケース面接)のコツ

アクセンチュアの面接では、ほぼ間違いなくケース面接が出題されます。

ケース面接とは、特定の課題が出題され、その場で一定時間考えた上で、回答とその詳細理由を面接官に説明する、というものです。

※詳しくはこちら:アクセンチュアの第二新卒の選考フローの山場はケース面接

アクセンチュアへ第二新卒で入社するコツ【一度落ちたからこそ分かる】

私の経験上、アクセンチュアに第二新卒で入社するコツは↓であり、両方必須だと感じています。

  • アクセンチュアの面接対策サポートの実績が豊富な転職エージェントを活用する
  • 地頭の良さをアピールする
アクセンチュアへ第二新卒で入社するコツ

特に1(転職エージェントを活用する)について、これは必須だと思います。

というのも私は以前、転職エージェントを使わずにアクセンチュアに応募しましたが、落ちてしまいました。。。



しかし、数年後に転職エージェントを活用し再度アクセンチュアにリベンジし、合格することができました。

転職エージェントからは各面接での対策ポイントや、最終面接官の傾向までも教えてもらえたので、事前準備を超入念にして挑めました。
(これ、進◯ゼミでやったところだ!状態でした)

転職エージェントとは?

転職エージェントは企業と求職者をマッチングさせる企業であり、面接のコツやアピールすべきポイント等を教えてくれます。

もちろん無料でサポートを受けられます(採用が決まったら、転職エージェントは企業側から報酬を得ています)

なお、アクセンチュアの面接対策としてオススメのエージェントは無料のですね。



さて、アクセンチュアの第二新卒採用の選考内容は理解できましたが、ではどんな経路で応募すると内定をGetしやすいのか?次から解説します!

第二新卒でアクセンチュアを目指す際の応募方法

正直、アクセンチュアへ応募するオススメの方法は転職エージェント経由一択です。というのは、それ以外の応募方法は重要な対策が抜け落ちてしまうからです。次から解説しますね。

転職サイトから応募する

転職サイト経由での応募はおすすめできません。というのは、CMでよく見る超大手エージェントを推奨しているサイトもありますが、コンサル業界への転職を全く理解していないです。

コンサル転職はケース面接が実施されたり、日系企業よりもとにかく「結論ファーストで端的に答える」ということが求められる面接なので第三者との対策が必須です。

大手エージェントを単に利用しても、そうしたケース面接等の対策をしてくれず、そこのスキルがごそっと抜け落ちるので絶対にNGです。

第二新卒のリファラル採用を使って応募する

「アクセンチュアに知り合いが居る場合はその知り合いの紹介で応募してね」という制度がこれです。

ただ、リファラル採用でもケース面接は実施されるので対策は必須です。知り合いに面接対策をしてもらう、という人がたまに居ますが、それよりも何百人もの人をアクセンチュアの内定へ導いてきたプロを利用する方がどう考えても合理的&汎用性の高いアドバイスをしてもらますよね。

アクセンチュア対策におすすめのプロはです(もちろん完全無料で利用できるエージェントです)。


採用ページから直接応募する

これも先ほどまでと同様で、ケース面接や質疑応答の対策ができないので絶対NGです。

「直接応募した方がアクセンチュア的には採用費が節約されるから、合格しやすいのでは?」と考える人が居ますが、そんなことはあり得ません。

「転職エージェント経由の人材よりも採用コストが安いから、ちょっと採用の難易度を下げよう」なんてことを外資系コンサル会社がするわけがないですよね。

転職エージェント経由で応募する

これ一択ですね。ただし、どの転職エージェントでも良いわけではなく、「コンサル業界への転職サポート実績が豊富にあり、ケース面接対策をしてくれる転職エージェント」であることが重要です。

アクセンチュアへの転職対策実績が抜群に豊富なのはです(もちろん無料で利用できます)。


アクセンチュア特有の書類選考対策や、過去の面接データをもとに質問されやすいことも教えてくれるので、アクセンチュアを狙うなら使うのが絶対におすすめです。

実際私も転職エージェントを利用してアクセンチュアに合格しましたが、「あ、これ進◯ゼミでやったところだ!」状態で面接に挑めますよ笑

アクセンチュア以外にも下記への紹介実績があるみたいですね。

MyVisionの紹介実績企業




アクセンチュアの会社概要(第二新卒で応募前に知っておくべき)

アクセンチュアの第二新卒採用に応募する前に知っておくべき情報を紹介しておきますね↓

社名アクセンチュア株式会社
設立1995年12月(創業は1962年)
資本金3億5千万円
従業員数約23,000人(2023年12月時点)
本社〒107-8672
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
アクセンチュアの会社概要

英語力は必須ではない

アクセンチュアは外資系企業ですが、日本法人ということもあり、日本語で完結するプロジェクトが非常に多いです。

そのため、英語が苦手な人でも働ける環境となっています。

第二新卒でアクセンチュアに入社した際の仕事内容

アクセンチュアに第二新卒で入社した場合、まずはリサーチ業務、議事録作成や資料作成を担当することになります↓

第二新卒で入社後の主な業務内容
リサーチプロジェクト遂行に必要なデータを収集する
議事録作成会議の論点と発生したタスクを整理する
資料作成定例会議や報告資料を作成する
アクセンチュアへ第二新卒で入社後の仕事内容

こうした資料作成やリサーチを経験することで、業界知識が身に付き、マネージャーへ昇進していくための基礎力になっていきます。

第二新卒でアクセンチュアに入社した後の配属先

アクセンチュアに第二新卒で入社した場合、1ヶ月間の研修を経て下記のいずれかの部署に配属になります↓

  • ストラテジー&コンサルティング:クライアントの戦略策定、実行支援
  • ソング:特にマーケティング系の案件が多い
  • インダストリーX:製造業系の案件が多い
  • オペレーションズ:クライアントの業務を代行する部署
  • テクノロジー:開発案件への対応

アクセンチュアの第二新卒の年収

アクセンチュアの第二新卒の年収についてはこちら(アクセンチュアの第二新卒の年収や給与)で解説しています

アクセンチュアの売上

アクセンチュアの売上は641億USドル(2023年9月時点)と公表されています。

Japan法人単体での金額は公表されていないですね。

※参考:アクセンチュアの会社概要

アクセンチュアの福利厚生

アクセンチュアには下記の福利厚生があり、第二新卒で入社後も利用できます↓

  • 確定拠出年金制度
  • 従業員株式購入プラン
  • 長期収入所得補償(病気やケガで働けなくなった際に最大5年間、年収の約60%を補償)
  • 法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
  • その他ポイントサービスや健康サポート

アクセンチュアの休暇・休業制度

アクセンチュアの休暇と手当は下記があり、第二新卒で入社後も利用できます。

  • 休暇:年次有給休暇、私傷病休暇
  • 結婚・出産・忌引休暇(パートナーの場合も対象)
  • リフレッシュ休暇
  • ボランティア休暇
  • 手当:深夜勤務手当、住宅手当、交通費支給、出張手当、時間外勤務手当

特に、子どもがいる家庭でも働ける環境の整備には力を入れています↓

  • 母体保護休暇:妊娠中の体調悪化時に80時間までの休息、定期受診等で月1回まで通院のための特別有給休暇を取得できる
  • 配偶者・ライフパートナー出産休暇:出産日の前後1か月以内に1労働日、特別有給休暇を取得できる
  • 子の看護休暇:小学校就学前の子の怪我、疾病、あるいは予防のため、子の人数に応じて年間40時間または80時間の休暇を取得できる
  • 育児休憩時間:子が1歳になるまで、女性社員は休憩時間のほかに1日2回各30分まで(または1日1回1時間)、子を育てるための時間を有給扱いで取得できる
  • ベビーシッター補助:ベビーシッターの利用にあたり、初期費用100%、利用費50% (上限2万円/月)を会社が負担
  • 介護休業:要介護状態にある家族の介護時、最長1年間は休職期間の延長が可能
  • 出産休暇:産前6週間、産後8週間の出産休暇を取得できる
  • 育児休業:2歳まで育児休業を取得できる
  • ベビーシッター法人契約:当日ベビーシッター予約可能且つ病児保育対応のためお子様の急病や急な仕事が入った場合でもお子様を預けられる
  • 育児コンシェルジェサービス:育児全般に関する問い合わせに経験豊富な育児コンシェルジェが対応してくれる
アクセンチュアの福利厚生

第二新卒で入社後のアクセンチュアでの働き方は激務なのか(ワークライフバランス)

アクセンチュアはかなり残業規制を厳しく実施しているので、昔のようなハードワークをさせられることはありません。

最大でも月に45時間以下の残業時間であり、有給取得にも活発なので、かなり働きやすい環境ですね。

アクセンチュアの社風

アクセンチュアは未経験する人の方が多いので、未経験でも働きやすい社風となっています。

下記の動画がイメージしやすいですね↓

アクセンチュアに未経験で入社した人のリアル

まとめ:アクセンチュアの第二新卒の難易度は高い

本記事のまとめは下記です。

まとめ
  • アクセンチュアの第二新卒採用は難易度は高いが、積極採用中なのでチャンス
  • アクセンチュアの選考対策としてケース面接や質疑応答対策が必須なので、アクセンチュアへの転職支援実績が圧倒的に豊富なに対策サポートをしてもらうのがオススメ(もちろん完全無料)


運営者情報

当サイトは、厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得した株式会社Citruth(本社:東京都中央区)が運営しています。

社名株式会社Citruth
事業内容有料人材紹介事業
本社所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1-12-4N&E BLD.7階
店舗〒103-0003
東京都中央区日本橋横山町7-19 第35イチオクビル3F 3-7号室
資本金5,000,000円
設立2024年1月
法人番号7010001241593(国税庁法人番号公表サイト
経済産業省(gBizINFO)
厚生労働省
有料職業紹介事業 許可番号
13-ユ-316499
人材サービス総合サイト
厚生労働省
特定募集情報等提供事業 届出受理番号
51-募-001189
人材サービス総合サイト
株式会社Citruthの会社概要

転職サポートをご希望の場合、下記からお問い合わせください

転職相談をする

※現在、新規のお申し込みを停止しております。お問い合わせには返信できかねますのでご注意ください。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
(例)「20XX年〜20XX年:XXX社においてXXXプロジェクトに従事。プロジェクトリーダーとしてXXX」
当社サービス利用規約への同意
気になるところから読む↓